ケアンズ在住~サボの介の雑記ブログ~

オーストラリアのケアンズ在住を活かして、様々な情報を皆さんに提供出来たらな良いなと思っております。

オーストラリアの家計と自分の家計を比べてみました

こんにちは、サボの介です。明日でやっとスクールホリデーが終了するので、私の職場も忙しさのピークは過ぎたと言っても過言ではありません。(本当に良かった^^)

今日は月に1度の家計簿を、エクセル入力していました。いつも月に寄ってバラつきがありますが、ここ4カ月は毎月入力していたので(去年は2カ月ほど家計簿をサボりました)、その平均支出と、オーストラリアの州に寄っての平均支出額が違うという、面白いデータを発見したので、それを紹介したいと思います。

 

f:id:Sabonosuke:20200126162344p:plain

 

オーストラリアは物価が高い

今までずっと月の終わりに合計額を見て、日本で家計簿をされている方のをネットで見ては比較をしていました。今更気が付いた事ですが、そもそもオーストラリアは物価が高いので、いつも我が家は支出が高いなと感じていましたが、比較してもしょうがない事が判明しました。^^:

その分人件費が高いので納得がいきますが、ネットの質問で【オーストラリアで快適に暮らす為に必要なお金はいくら?】という回答には、【年間手取りで約740万円】だそうです。もちろん給料や住んでいる場所の環境によって異なりますが、毎月約61万円の手取り収入は日本より高いように思います。 

州による週間支出

私が今回比較させて頂くサイトは、オーストラリア政府のASIC(Australian Securities&Investiments Commision)の【どこにお金を出費しているか】の2016年版です。イラストもカラフルに記載しているので、とても分かりやすかったです。(詳しくは下記のサイトから↓↓↓)

https://www.moneysmart.gov.au/managing-your-money/budgeting/australian-spending-habits

 今回は私が比較した部分だけ紹介していきます!まずは週間支出。

  • QLD州 A$1359(100円計算で13万5900円)
  • NSW州 A$1525
  • ACT州 A$1670
  • VIC州 A$1430
  • TAS州 A$1141
  • SA州 A$1192
  • WA州 A$1429
  • NT州 A$1700

と驚きの数字が出てきました。正直どこにお金をかけているのか謎ですし、家族構成によってもちろん変動が出ますが、平均値がこの値段だそうです。高いですね。

家庭で週間支出している物・食品を紹介

 続いては毎週どの食品・商品等にお金を出費しているかのデータを紹介します。こちらは12種類ほどの代表例があり、

  1. パン食品 A$20(約2000円)
  2. 外食 A$44
  3. 靴 A$8
  4. 電化製品(家用) A$15
  5. 携帯代 A$17
  6. 育児代 A$18
  7. 電化製品(音楽等の装置) A$8
  8. 本・新聞 A$6
  9. 旅費 A$77
  10. ペット用品 A$13
  11. 美容 A$29
  12. 医療費 A$24

という結果になり、そんなに高く感じない数字が算出されました。この他にも家賃・電気代や交際費等の変動が人によって違いますが、毎日外でコーヒーを買う等の贅沢をしなければ、手取りが平均値に達していなくても、十分にやりくりや貯金が出来ると思います。

ライフステージによる週間支出の違い

今回は5タイプの方々の毎週平均出費が紹介されています。

独身35歳以下の週間支出は平均A$849(約8万4900円)

住居A$284/ガソリン代・電気代A$24/食費A$122/服飾費A$18/医療費A$23/アルコール代A$22/交通費A$97/レクリエーションA$83/その他A$176

 カップル子供なし(最低1人は35歳以下の場合)は平均A$1572

住居A$381/ガソリン代・電気代A$35/食費A$239/服飾費A$54/医療費A$69/アルコール代A$39/交通費A$243/レクリエーションA$176/その他A$336

カップル子供あり(5歳以下の場合)は平均A$1883 

住居A$458/ガソリン代・電気代A$48/食費A$282/服飾費A$62/医療費A$85/アルコール代A$28/交通費A$247/レクリエーションA$158/その他A$515

カップル子供あり(5-14歳の場合)は平均A$2085

住居A$355/ガソリン代・電気代A$54/食費A$336/服飾費A$64/医療費A$104/アルコール代A$35/交通費A$309/レクリエーションA$263/その他A$565

カップル子供あり(15歳以上の場合)は平均A$1990

住居A$359/ガソリン代・電気代A$53/食費A$332/服飾費A$61/医療費A$110/アルコール代A$47/交通費A$292/レクリエーションA$243/その他A$493

となっています。筆者の勝手なイメージですが、日本だと高校・大学あたりが一番子供にお金が掛かるのに対して、オーストラリアは子供が5歳から14歳の間が一番出費が高いようです。

我が家の平均支出は?

さて、我が家の週間ではなく月間出費ですが、4カ月の平均値はA$3967,95(約39万6795円)でした!これはQLD州の平均月間出費A$5436(先ほど紹介した週間出費を月で計算)やカップル子供なしの A$6288と比べても低いことがわかりました!

最後に

 平均値が低かったとは言え、無駄遣いをたまにしていたり、使い忘れていた食材が痛んで泣く泣く処分するという事があったりするので、日々家計簿を付け、改善できる点は見直していきたいと思います。

今日もこの記事を読んで下さり、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へ
にほんブログ村